H18年式ステップワゴン(RG1)修理記録

H18年式ステップワゴン(RG1)修理記録

福岡県春日市の車の整備工場【Garage55】の小暮です☆

 

最近かなり暑い日が続いて、作業をしていると汗が止まりません(猛汗)

皆さんも熱中症には充分お気を付けくださいm(__)m

さて!今日は先日修理したH18年式ステップワゴン(RG1)をご紹介(^^)/

左前をぶつけたようですが、足回りがかなりの重症患者様。もちろん自走不能

でしたので某有名レッカーにて連行されて参りました(笑)

それでは、ご覧ください!

入庫直後のステップワゴン

レッカー屋さん…  なぜにここに降ろしたのですか…

入庫時は私はお休みを頂いており不在だった為か、歩道沿いのスペースに

ドロップされておりました(泣)

もちろん動きませんので、強制的にこの場所での作業となります((+_+))

タイヤを外してみましょう

真っ先に目に飛び込んできたのが、ロアアームのボールジョイントが抜けてる!つか折れてる

写真を撮りやすくする為、ブレーキ回りはバラし済みです。

 

そしてブレーキ回りをバラしていた時に、さらに驚きの事実!

ドライブシャフトの内側がすっぽ抜けてるーーーー!

 

ひとまず、ドライブシャフトとロアアームを回収しましょ♪

 

部品を用意して交換していきます

幸いにもタイロッドには影響が無く、ドライブシャフトとロアアームの交換

で済む感じでした(*^^*)

ドライブシャフトのインナーの残骸を抜いた時にATFが出てくるので

受け皿は必須です☆

 

組み上げているときに、挟んでしまい血豆を2個ほど頂戴致しました(泣)

痛いっス(+o+)

 

無事、組み上がりましーた☆

 

試乗後、トーイン調整もバッチリ行って参りました♪

 

納車前にボディメンテナンスも欠かさずに

 

まとめ

今回の様に、自走不能でのレッカー受入も随時行っております。

もしもの際はお気軽にご連絡下さい!

お電話でのお問い合わせ

TEL:092-558-3944

メールでのお問い合わせはコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です